国際協力NGO・NPOの実態とは?

国際協力ではNGOやNPOが多く活躍しています。国家や国際機関が上から下への援助や協力を行なっているのに対して、民間であるNGOやNPOは発展途上国それぞれの現場に根付いた活動ができるのが特徴であり、メリットです。

そんなNGOやNPOですが、具体的にはどんなことをしているのでしょうか。国際協力に関するNGO・NPOの実態に迫ってみましょう。

 

国際協力NGO・NPOの種類

まずは国際協力NGO・NPOの種類を確認します。日本において国際協力NGO・NPOと呼ばれている団体は400以上あります。自然災害があった時や紛争地帯などで救援物資を運んだり、募金をしたりといったイメージが強いかもしれませんが、そのほかにも様々な分野で活躍しています。

主なものだと、フェアトレード、環境、開発、平和構築などの種類があります。それぞれの種類ごとにどんな内容なのかまとめてみました。

  • フェアトレード

そもそもフェアトレードとは発展途上国の小規模な農家や工場と直接ものの売買を行うことで搾取を防ぎ、適正価格で商売を行うことを言います。その手助けをし、立場の弱い農家や工場の人々を支援するのが仕事です。

  • 環境

砂漠化や森林伐採など様々な環境問題に対して植林活動を行ったり、違法伐採の帽子を呼びかけたりしています。

  • 開発

発展途上国が成長していけるように都市開発や教育、保険医療の普及などを手助けします。

  • 平和構築

地雷の撤去など具体的な活動から、非核軍縮活動のような人々の意識に訴えかける活動などをおこない、平和な世界の構築を目指す仕事です。

 

国際協力NGO・NPOの仕事

それぞれの団体ごとに目標があり、国際協力のために働いていますが日常的にはどのような仕事があるのでしょうか。

国際協力NGO・NPOはお金を稼ぐことが目的ではないにせよ、運営資金がないと活動できませんから、資金調達のために助成金を申し込んだり、補助金を申請したりする仕事があります。

また広報活動のためのイベントを運営したり、会報やホームページ作成なども重要な仕事です。それらの仕事を支える会計処理や総務などもあります。

これらの仕事はどの国際協力NGO・NPOでも言えることで、それに加えてそれぞれの目標のために現地で調査をしたり、プロジェクトを行なったりしているのです。国際協力NGO・NPOでは発展途上国での活動がフォーカスされがちですが実際に働くとなると、国内での地道な活動の方が多いのが実態です。

 

国際協力NGO・NPOで働く人

国際協力NGO・NPOで働くのは国際機関で働くのより簡単、そんな風に思っている人もいるかもしれません。ですが実際には同じように厳しい道のりが待っています。

現在国内には400を超える国際協力NGO・NPOがありますが、それらを支えているスタッフのほとんどはボランティアです。給料を支払っているスタッフがいる国際協力NGO・NPOはその中でも180程度に絞られ、1500人くらいだと言われています。

また上記のように、国際協力NGO・NPOの仕事の多くは国内でのものなので実際に海外で活躍している人はさらに少ないのです。

給与面で見てみると平均して250万円程度で決して高くはありません。それでもやりがいを感じて国際協力NGO・NPOで働きたいという人はたくさんいます。

 

まとめ

いかがでしょうか。国際協力NGO・NPOでは、海外でのプロジェクト以外にも国内での広報や資金集めなどの地道な活動もたくさん行なっています。それらの活動もボランティアの人たちによって支えられていることが多く就職するならば即活躍できる専門性が求められます。

もし、国際協力NGO・NPOでの就職を目指しているのならばまずはボランティアやアルバイトなどからスタートするか他の一般企業で経験を積んでおくのがおすすめです。