グローバル人材になるには?向いている人をご紹介

グローバル人材とは、海外でも通用するような度胸やコミュニケーション能力を持っており、自ら進んで行動することができる人材のことです。最近ではよく耳にする言葉で、就活の際にも注目されているので意識している就活生も多いでしょう。

ですが、そんなグローバル人材にはどうしたらなれるのでしょうか。

今回はグローバル人材になるためにはどうしたらいいのか、どんな人がグローバル人材に向いているのかをご紹介します。

 

グローバル人材の定義とは

そもそもグローバル人材とはどのような人のことを指すのでしょうか。まずはその定義を大まかに考えてみます。日本では大きく分けて3つの要素が必要だと言われています。

  • 語学力、コミュニケーション力があること
  • 主体性、積極性、責任感や、使命感があること
  • 異文化に対して理解があり、日本人としてのアイデンティティを持っていること

これらの3つを兼ね備えている人材をグローバル人材と呼んでいます。さらにこの他にもチームワークができることや専門性、教養なども求められるとされています。

 

グローバル人材に必要なスキルとは

グローバル人材になるためにはいくつか必要なスキルがあります。3つの要素ごとに考えてみましょう。

  • 語学力、コミュニケーション力

まず英語などの外国語を話す能力が求められます。海外の企業と連絡をしたり、企画を一緒にしたりすることもあるのでそんな時にスムーズにコミュニケーションをとることができるスキルが求められます。

  • 主体性、積極性、責任感や使命感

これらは、大学や社会で自ら考えて学び進んで行くことができるスキルと言えます。国や文化が違う様々な人とともに働くためには困難に立ち向かい、自分の力で克服して行くことが求められているのです。

  • 異文化に対する理解、日本人としてのアイデンティティ

人と違った価値観や文化を受け入れて対応することができる能力や、日本人としての誇り、文化に対する理解も求められます。

グローバル人材というと、語学力ばかりが注目されがちですが英語が話せるだけでは足りないという考え方が普通です。もちろん語学力も必要ですがその上でコミュニケーション能力があること、他の人と協力してプロジェクトを進めて行くことができること、違う文化への理解や関心があることが必要です。

 

グローバル人材に向いている人とは

グローバル人材に向いている人の像はどんなものでしょうか。グローバル人材の定義から考えると、3つの要素を兼ね備えている人でしょうか。

例えば、語学力やコミュニケーション能力があること、協力して何かを作り上げていくことができる人、あるいは使命感や積極性があるリーダー的な存在の人、そして異文化に対する理解がある人です。

ですが、これらの要素をすでに兼ね備えている人は少ないかもしれません。コミュニケーション力や異文化理解など普段の生活では意識していないとわかりにくい能力もあります。

ですから、最初から全てを備えている必要はありません。これらの要素を理解し、積極的に能力を高めていくことができる人は誰でもグローバル人材に向いていると言えます。

 

まとめ

いかがでしょうか。グローバル人材というと堅く考えてしまう人も多いかもしれません。自分には向いていないかもと思う人もいるかもしれませんが、誰でもチャンスはあります。

グローバル人材としての要素を意識してそれらの能力を高めていくことができる人ならばグローバル人材に向いています。この記事でまとめた3つのポイントは欠かせないものですから、ぜひ自分に足りていない部分を意識して向上させる手助けにしてみてください。